2005年10月10日

614:YOUNG YOU 休刊

子供の頃、あまり見せてもらえなかった反動か
後天性の漫画っ子でありテレビっ子である私

社会人になってからも毎月2冊、どうしても買ってしまう漫画雑誌がある
「YOUNG YOU」は、そのうちの1冊だった

お弁当を食べるとき最後まで好きなおかずを残しておくのと同じように
漫画雑誌を読むときも好きな連載は最後に読むので
だいたい、後ろの方に載っている若手作家の新作とか
読者投稿から読む習慣通りにページをめくっていて
買って5分後くらいに、その悲しい告知をみつけてしまった

主力連載は同じ出版社の「YOU」や「コーラス」に移行するらしいが
レディスコミックからスタートした雑誌や、後発の「少女マンガも大人になる」雑誌ほど
はっきりしたコンセプトがない分、いろんな色の漫画があるから楽しい雑誌だったのに残念

たぶん、この悲しさは会社の先輩やすぴさんと
プロビーラーKさんとしか共有できないと思うが
あまりのショックに久しぶりにブログを書いてしまった
(でも、そういえばKさんも最近は買わなくなったとおっしゃっていたので、
そういう人が増えた結果なのかな)

ドラマを見ていて自分がターゲットの年齢層でなくなったと感じることは多いが
この雑誌は、こちらの変化に合わせて内容が変わってきていると思っていたので
おそらく売り上げが芳しくなかった=世の中に共感者が減っていることは
残念を通り越して恐怖に近いものがある
20年の歴史を共に歩んでいたはずの他の読者は
どんな変化がおきて、この雑誌を離れていったのだろうか
そして、同じような変化は私にも起きるのだろうか
posted by けふ at 05:09| Comment(5) | TrackBack(1) | 壱読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。