2006年12月31日

568:裏返し

目が覚めたらパジャマを裏返しに着ていた
素敵な大みそかの迎え方だ

さあ、これから年賀はがきを書いて大掃除
posted by けふ at 11:36| 福岡 ☀| Comment(0) | 壱日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

569:はかどりません書くまでは

仕事上、人に年賀はがきを早く出すように案内してから
かれこれ1カ月半以上たつ

自分の年賀はがきは、まだウラしか完成していない
さっき、やっと今年届いた束を発見したので
これから住所録をチェックして表面に取り掛からねば

と考えつつ豆粒みたいな今年撮った写真を
1コマずつ見返しては感慨にふけるばかり

こうなると一言添えて・・・と思った瞬間に年を越しそうだ

関係者の皆さま、来年の年賀はがきはルーペで見てください
posted by けふ at 03:28| 福岡 ☀| Comment(0) | 壱日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

570:夜ふけの逆上がり

1カ月で2度目のフルコース
麦→麦→葡萄→葡萄の末

この1年、本当にお世話になりっ放しの先輩が
この1年間、事あるごとに出された恒例の「お題」

逆上がりでけるか?(原文ママ)

小学生の頃でさえ、1回がやっとだった私が
できる訳がない

昨夜の同行者が、成功したかどうか
何せフルコースの末だったので記憶が曖昧

覚えているのは自分がブランコばりばりこいで
石拾いなるゲームを後輩に教えてもらう途中に
タクシーに置いていかれそうになったので
ダッシュして飲み会が終了したことだけだ
posted by けふ at 17:35| 福岡 ☁| Comment(0) | 壱献 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

571:これでもかカモカ

previously・・・
で始まるアメリカのドラマの「おさらい」には慣れっこだが

我らが朝の連続テレビ小説は、もっと手が込んでいる

何と、カモカのおっちゃんの小説を書く主人公を設定し
回想シーンで年末年始の低視聴率期をしのぐつもりらしい

朝の連ドラを見続けるのは初めてなので
これが定番なのかどうかは分からないが
普段見ない人には、キャッチアップにもなるのだろう

ご立派な根性だ
posted by けふ at 03:24| 福岡 ☁| Comment(0) | 壱見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

572:待ちぼうけ

たしか、今夜は二次会から呼び出しだったような・・・
たしか、今日中にメールが来るはずだったような・・・
たしか、未来には希望が「つきもの」だったような・・・

1勝2敗
posted by けふ at 01:00| 福岡 ☁| Comment(0) | 壱日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

573:難局に爆笑

20061225.jpg最近、身近で南極の話題が多いので
時間つぶしに選んだ文庫

実は、この人は、かなり理想のルックスだ
若い頃は、そうでもないけれど
髪が白くなってからが格好良い
同じくファンの友達と写真展を見に行ったこともある
ご本人を見かけたとき
とても静かな感じがして意外だった

本の内容は、身近で南極が話題に上ったとき
疑問のほとんどを占めた難局について網羅されている
本人にとっては難局だが
読んでいる方は爆笑してしまうエピソードばかり
解説を読んで、ものをつくることの意味を考え直した
posted by けふ at 13:18| 福岡 ☁| Comment(0) | 壱読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

574:母の味

DSCN3080.JPGDSCN3081.JPG

記憶にある限り我が家のカレーはドライだった
ボンカレーのCMを見て
カレーがドロドロしてる! と驚き
しばらく弟と「食べてみたい物リスト」の一番に挙げていた
(あんまり食べたがるので、母がいない夕食に
父が買ってきてくれたけど、あんまり好きになれなかった)

そのせいか、今でもカレー屋さんで
ドライ系があると、そちらを頼んでしまう

会社近くのこの店でも、ほぼ毎回キーマカレーのランチ
ドリンク付きで850円
チャツネも、おいしい
お気に入りはマンゴープリン

毎日同じ物を食べると必要以上に悲しくなる私だが
ここのキーマカレーは毎日食べても平気だ
posted by けふ at 00:31| 福岡 | Comment(4) | 壱膳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

575:若作りにも程がある

20061223.jpg

実家恒例の、もちつき
例年、ほとんど知らない人や
大昔から知っている人が
入れ替わり立ち代わり参加する

今年は男の子2人を連れた幼なじみと再会
姪と、5歳と3歳男児のお世話で半日が過ぎた

「ねえねえ、小学生?」
5歳男児が、私に話しかけた第1声

昔から実年齢より若く見える方だったが
(最近は気を遣って若めに言ってくださる方が増えた)
たとえ6年生に見えたとしても
マイナス25歳のダントツ新記録だ

理由を尋ねると
「小学2年生(姪のこと)と背が変わらんし
ボール蹴りで負けとるもん」

130センチそこそこの姪とは、まだ20センチ以上、差があるし
ボール蹴りも負けていなかったと思うのだが・・・

その後、カキ焼きの網から引き離され、公園に拉致されて
3歳男児を膝に乗せて、すべり台から降りると
「おばちゃん、パンパンやん」
すべり台の幅ぎりぎりの我が身を冷静に指摘した姪

子供とは、やはり正直な生き物のようである

写真は長い足を折り曲げて5歳の子の自転車に乗る友人
posted by けふ at 00:24| 福岡 ☀| Comment(0) | 壱日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

576:草木は並ぶ

20061222-3.JPG20061222-1.jpg20061222-2.jpg

仕事で出掛けた大牟田駅前に
草木饅頭の店が隣同士で並んでいたので
会社へ食べ比べ土産を購入

どちらも10個400円
総本家黒田家の方が、やや甘さを抑えているようだ
江口栄商店もおいしいが、包装がやや取りづらい
posted by けふ at 23:37| 福岡 ☀| Comment(0) | 壱品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

577:まるまる幸せ

20061221.JPG会社の先輩行きつけのお店で
誕生祝いのキッシュをいただく
今年は、まだケーキを食べていないので
初バースデー・キッシュだ

ショートケーキの生クリームや
アップルパイのシナモンが苦手
微妙に偏食の私のために
料理長が焼いてくださったキッシュ

1ホール丸ごと
ぜーんぶ私のもの
これ以上の幸せは、今のところ、ない

常連さんの、お供で良かったなー


posted by けふ at 10:38| 福岡 ☀| Comment(0) | 壱献 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

578:嵐のち晴れ

20061220.jpg先週末、3カ月半ぶりに髪を切った
長さは平均7、8センチ短くなり
切った後は筆1本できるんじゃないかと思うほど
髪の毛が周りに散っていたのに

ほぼ毎日のように会っている人が全く気づかず
まだ両手も行っていない、お店の方が最初に気づいてくださった

にもかかわらず、そのお店で
非常にタチの悪い酔っ払いになった翌朝
宅配便のピンポンで目覚めた

うれしくて香りの良いプレゼント
いつも、ありがとう

自分の人でなし度を痛感する1週間が過ぎ
心洗われたい時には何よりの贈り物だ
posted by けふ at 03:08| 福岡 | Comment(0) | 壱品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

579:ハートは500円

20061219.JPG会社帰り、この秋にオープンしたビル最上階のバールで軽くごはん
夜はワンコインで飲み物も、食べ物も出しているようだ

「スープは薄めの味付けになっていますので
お口に合わなければ塩こしょうをお持ちします」

そう言われたチャウダーは、程よい味付けだった
ハート皿に載ったサンドイッチが濃いめだったから
そう感じたのかも知れない

本気でゴハンを食べるには向かないが
天神での時間つぶしには良いスポットかも
posted by けふ at 11:22| 福岡 ☀| Comment(0) | 壱膳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月19日

580:目尻にクセ毛

DSCN3078.JPGコンタクト歴13年、週に1度は
逆まつ毛で涙ボロボロになりつつ
レンズを入れる繰り返しに疲れ
まつ毛パーマをかけることにした

「目尻の方、すごいクセ毛ですよー」
パーマをかけてくれた人に言われた
まつ毛にクセ毛があるのか?
髪の毛は全くクセがないのに、なぜ?

パーマの最中、ほとんど目は開けられなかった
人が、かけているところも見たことがないので
実際に、どういう作業をされているかは分からず
あくまでも想像の世界
まぶたの上で指が動き、時々まつ毛が引っ張られる

「けっこう縮れてる。ロット巻けるかなあ」
かなり苦労されながらも、無事ロットに巻きつけ
1時間後にパーマは完了した

特にクセが強いと言われた左の目尻の毛も
素直に外へ向かって、いくらかクルンとなった

本当にパーマなんだなあ、と思ったのは
顔を洗ったとき

かすかに鼻をついたのが
髪の毛にかけるのと同じ、パーマ液の匂いだった

写真は10カット以上費やしたセルフポートレート
適当にカメラを自分に向けるので失敗が大半

結局、接写モードで洗面台の鏡をレフ板代わりにし
家で一番明るい白熱灯をつけて撮ったものを採用

テクがないので無修正です
posted by けふ at 00:27| 福岡 ☀| Comment(1) | 壱日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

581:キタロウ丸飲み

会社の忘年会でお客さまが持参してくださった日本酒
ラベルに野球クラブのシンボル鬼太郎が描かれていた
常温でもいける純米吟醸
鳥取は智頭の諏訪酒造のものだそう
4合のうち半分以上、ひとりで空けた

キタロウズのグッズには入ってなかったけど
目玉おやじのボールがほしくなりました
posted by けふ at 12:04| 福岡 ☁| Comment(0) | 壱献 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

582:格好つけてはみたものの

DSCN3042.JPGDSCN3038.JPGDSCN3050.JPGDSCN3068.JPG

年内に消えるマイルに縛られて東京へ出掛けた
忘年会真っ盛りと思われる金曜日
全く友達がつかまらず、できたてのホテルに泊まる

オープン直後なので、サービスはこなれていないだろうと想像はしていた

しかし、こなれる以前の問題である

部屋に、宿泊約款ほか、よくあるファイルの中身がない
外の入れ物があるのに、である
だから、どこで氷を仕入れるのかも分からない
フロントにアイスペール持参で出掛けると

「あれ、机にファイルがあるはずですが、
部屋が広くて分かりませんでしたか?」

その前に、サービス業なら謝るとか、説明するとか、
お客に非があるような表現は避けるべきではないのか?

大画面液晶テレビの備わったリビングにテーブルはあるが
PCで何かしようと思うと、かなり不便な造りのメゾネットである

宿泊約款がないことを指摘すると、中身をくれた
さすがに、部屋に備えてなかったことについては平身低頭だったが
部屋に戻って中身を見て、声を出して笑ってしまった

「良いサービスマンがいたら、報告してください」

新米ホテルよ、客に報告させる前に
客を普通に扱うことを考えよう

しかも、良いサービスを報告させたければ
せめて、支配人あてのフォーマットを刷ったレターを用意しないと

目黒のご本家に一度泊まりたかったのに、かなりの期待外れ
デザインの評判にひかれ、多くの人が泊まって後悔すると思うので
名前は出さないけど、写真は出す
このホテルに、お金を出す価値はありません

だって、デザインを売り物にしてて、この垂れ幕

ステンレス多用の洗面所はほこりが目立ち
デジタルな時計は遅れていて
テレビはチェックアウト時刻ぴったりに電源が切れた
メゾネットとはいえ、下階はドアと、らせん階段だけ
らせん階段は、自分の体重を差し引いても、必要以上に揺れます

その程度なら、おしゃれなビジネスホテルに専念しろ!
posted by けふ at 00:59| 福岡 ☁| Comment(0) | 壱泊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

583:実は40歳

DSCN3060.JPG自分の誕生日にサンタさんと化した
30人分のプレゼントの買い込み・・・
途中、見つけた電卓のテストで
脳内年齢40歳と診断された
今日、37歳になったんですけど・・・

37年間、お世話になった皆さん
ありがとうございます
38年目も、よろしくお願いします

posted by けふ at 23:44| 福岡 ☁| Comment(0) | 壱日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

584:脱力弁当

20061214.jpg会社のMさん御用達「しゃかりき」の弁当480円
名前に似合わず、ヘルシー系のメニューが多い
そして、彩りに欠けるのも特徴だ

これを食べると、さあ、午後の仕事! と
しゃかりきになるよりは

おやつは何にしようかなー、と脱力してしまう

まずい訳ではない、地味なだけだ

揚げ物、深酒続きだから、一食くらいは
こんな感じの方が体には良いのだろうけれど

前の席のSさんは、日の丸にならない
梅干しの位置が毎回、気になるそうだ
たしかに、一度として真ん中に梅干しがあったことがない
posted by けふ at 01:47| 福岡 | Comment(0) | 壱膳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

585:頭でっかち

20061213.jpg今のオフィスは女性が少なめなので
お土産の甘味配給はレディ・ファースト

後輩O君が買ってきてくれた鯛焼き
無心で食べようとしていると
「頭から派? しっぽ派?」と聞かれた

鯛焼きで最も、おいしい部分は
カリカリに焼けたしっぽだと思う
熱パリこげ道を突き進み
好きな物は最後まで取っておく主義

もちろん頭から食べますとも

頭からしっぽまで、つぶあんが、ぎっしり
こういう頭でっかちは歓迎されるのにねえ
posted by けふ at 01:52| 福岡 ☔| Comment(0) | 壱品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

586:カタラーナ

20061213-2.jpg凍らせたプリン

多分、それだけではないと思うが
ちょうど良い甘みと
舌の上で硬さと柔らかさを楽しめる

冷たいドルチェは、常温や温かいものより
甘さの加減が難しいのに、本当にちょうど良い

ここに至るまでの
「ナポリから届いたばかり」のモツァレラ・チーズと生ハム
パスタ生地でできたキッシュ
白子のフリット、パルメザンチーズ
名前を忘れたパスタ生地で青のりを巻き揚げたもの
サバのソテー
黒トリュフの生パスタ(卵黄のみを使ったもの、これも失念)
思い出すだけでも嬉しい

しかもグラスワイン300円と400円の郊外価格と気楽な雰囲気
マカロニ、そこは幸せの番町皿屋敷(ひこまろか!)
posted by けふ at 01:40| 福岡 ☔| Comment(0) | 壱膳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

587:右腕の違和感

20061212.jpg20061212-2.jpg
実家に久しぶりに帰って
今の部屋の風呂に抱いていた
違和感の理由が分かった

今の家に限らず、洗い場で髪を洗うとき
湯船から湯を汲むのが苦手だった

実家の風呂だと、湯を汲んで髪をすすぐ作業がうまくいく
左手でおけを持って、右手でゴシゴシ

今まで、うまくいかなかった風呂は全部
鏡を正面とすると、洗い場の右に湯船があった
実家の風呂は左側

中学生の頃やっていたソフトボールで
右打者の私は左手だけで素振りをする練習を続けた時期があった
当時の打撃理論では、利き手の反対側のリスト強化がセオリーだったようだ
今は(当時からだったのかも知れないが)利き手の押す力も重視されている
この練習の影響か、物を持ち上げたりする瞬発力は左の方が強いようだ
持続力は右の方があるが、湯を汲むのは一瞬だから左の湯船の方が良かったのだ

実家を出て一人暮らしを始めて17年
今さらながら解けたナゾに気を良くして部屋に戻り
風呂場のドアを開けると
少し栓のゆるい「お湯」(ガスを切っていたので実際は水)が
ポタポタと、すのこを濡らしていた
丸2日間もポタポタポタポタ・・・
こんなことだから、お金が貯まらないのだ

湯船の上では、友達のお土産コンラッド・ダックが
せせら笑うように、こちらを見ていた

posted by けふ at 03:30| 福岡 ☁| Comment(0) | 壱膳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。