2005年09月02日

615:ぎふへいきまっしょい

やっと8日連続勤務の最終日がやって来た
順調ならば明日の朝には新幹線で西へ移動しているはずだ

目指すは岐阜、長良川
ボートの世界選手権を見に行く

フジテレビ系のドラマ「がんばっていきまっしょい」は
この時期に合わせて放送されてきたのだろうか?
その割にはリンクした企画もなく
一般的には注目度も低いようで残念

もっとも、主催者側にも関係者以外への配慮は、あまりないような
上記のページでレース予定を見ても
バツやらマイナスやらWやらMやら
さっぱり分からない記号と文字で埋めつくされている

ボートの世界でバツ印はスカル競技を指す
1人が両手に1本ずつ計2本のオールを持って漕ぐのがスカル
おそらく2本のオールをクロスさせた形に似ているからだろう

×がつかないのは早慶レガッタの花形レース、エイトのような
1人が両手で1本しか持たない1本オール種目

マイナスとプラスは舵をとるコックスの有無を意味する
WとMは男女の別、Lは軽量級

これにクルーの数をつけていくので
「がんばっていきまっしょい」で高校生が漕いでいるのは
クオドルプル(フォアスアカル)だからブー達はM4×、悦ネエ達はW4×
オノケンコーチや、先日、世界最高タイムを出しながら決勝進出はならなかった
浦選手の男子軽量級シングルスカルはLM1×となる

土、日曜はNHK衛星第1で中継もある
「これが付きペア(かじ付きペア=コックスと1本オールのクルー2人)かー」
などと思いながらレースを見てみてください
すーっと水面を進むボートを見ると、ちょっと乳酸出そうですがスカッとします
posted by けふ at 06:25| Comment(3) | TrackBack(1) | 壱日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ボートの世界選手権が日本であるんですね。学生の頃からの疑問だった「コックス」の役割は、未だに十分に理解できず、こんなことなら、学生時代、漕艇部の友人にちゃんと教えてもらえばよかったとちょっと後悔。「尚風号」は見た?
Posted by DClife at 2005年09月04日 02:24
僕は4年に1回、このLMW1248+−×を勉強させられます。次は08年の予定です。
Posted by rectangle at 2005年09月28日 23:54
DClifeさん、尚風号は見られませんでした
rectangleくん、地元でその勉強をする日が来るかも知れませんね
Posted by けふ at 2005年10月10日 05:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

長良川の出会い
Excerpt: by 只野T ★長良川・世界選手権はちょっとした同窓会だった
Weblog: 横浜漕艇倶楽部™ 「アメンボウ」ブログ
Tracked: 2005-09-06 17:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。