2005年11月26日

605:天ぷら警報

待ち合わせの相手と20分も前に麻布十番商店街で出くわした
銀行にお金をおろしに行くところだったそうだ
天ぷらだからか、一緒に行く相手のせいか?
前者であると思いたい

「よこ田」で夜のコースを頂く
海老、めごち、きす、はぜ、アスパラ、ベビーコーン、
貝柱、穴子、椎茸、いか、銀杏などなど
しめは天茶を選び、りんごのシャーベットでおしまい
1万円弱(おそらく)で大満足の内容

残念ながらバッグを預けてしまったので写真はないが
まるで焼き菓子のようなサクサクの穴子に感動した
ネットで予習したほどカレー塩も強要されなかった

ただ、座って食べている間は気づかなかったが
(それくらい油と衣が軽いのだ)
かなりボリュームがあったので
麻布の山を越えて恵比寿まで徒歩で帰らないと
お茶を飲める状態にならなかった

1126-2.jpg

商店街に本店がある「豆源」で買った、ゆで落花生
人にあげるつもりが自分用にも買わずにいられない
これだけはデパートに出ている店では買えないので
posted by けふ at 04:01| Comment(2) | TrackBack(1) | 壱膳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
豆源のおとぼけ豆自分用に買いました。
なんとおいしい!病み付きになっちゃいそう。
麻布はよくいくからこれから少しずつ、
買っていこうと思います。
Posted by 珍獣 at 2005年12月01日 11:19
おとぼけ豆、自宅ならお徳用が良いよね
値段は一緒で100グラム多かったはず
本当、やめられないです
Posted by けふ at 2005年12月01日 13:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

百貨店で人気の柔らかな身に、風味広がる活〆の蒸し穴子
Excerpt: 穴子を活き〆、蒸し上げられた穴子が4尾(約100g)になります。 伝統の匠の技により蒸し上げられた穴子はとろけるような舌触り、まろやかな味わいに仕上がっています。 大きい穴子をそのまま1枚にぎりに..
Weblog: Sunday Shopping Blog
Tracked: 2005-11-27 11:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。