2007年02月04日

549:録画と忘れ物の山

今日から2週間の出張
いつ終わるか分からない出張で結果的に2週間、というのは
10年以上前に経験したことがあるが
最初から2週間帰らないと決まっている出張は初めて
 
出発前、山のようにDVDの録画予約をしていたら
荷造りする時間が足りなくなった
 
もともと、荷物が多い割に忘れ物が多く
現地調達した似たようなアイテムが旅行するたびに増えていく
日焼け止め、小物入れ、メモ帳
国内なら、たいていの物は買えるから
サイズに困るGパンと
すぐには手に入らないコンタクトさえ忘れなければ良しとしている
 
会社と空港で2度も詰め直した小型キャリーバッグ以外に
事前に宅配便で送った中型キャリーから、やっと荷物をほどいた
なぜか、履いて来た分も含めて靴が4足もあるのに
スニーカーばかりで、スーツに合う靴がなかったり 
パジャマが下だけだったり、靴下が1足、不ぞろいだったり
シャンプーとコンディショナーが売るほどあるのに
洗顔料が心もとなかったり
恐ろしいほどの抜けっぷり
 
いつの日か、まとめ上手になりたいもんだ
posted by けふ at 22:55| 福岡 | Comment(1) | TrackBack(0) | 壱泊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

582:格好つけてはみたものの

DSCN3042.JPGDSCN3038.JPGDSCN3050.JPGDSCN3068.JPG

年内に消えるマイルに縛られて東京へ出掛けた
忘年会真っ盛りと思われる金曜日
全く友達がつかまらず、できたてのホテルに泊まる

オープン直後なので、サービスはこなれていないだろうと想像はしていた

しかし、こなれる以前の問題である

部屋に、宿泊約款ほか、よくあるファイルの中身がない
外の入れ物があるのに、である
だから、どこで氷を仕入れるのかも分からない
フロントにアイスペール持参で出掛けると

「あれ、机にファイルがあるはずですが、
部屋が広くて分かりませんでしたか?」

その前に、サービス業なら謝るとか、説明するとか、
お客に非があるような表現は避けるべきではないのか?

大画面液晶テレビの備わったリビングにテーブルはあるが
PCで何かしようと思うと、かなり不便な造りのメゾネットである

宿泊約款がないことを指摘すると、中身をくれた
さすがに、部屋に備えてなかったことについては平身低頭だったが
部屋に戻って中身を見て、声を出して笑ってしまった

「良いサービスマンがいたら、報告してください」

新米ホテルよ、客に報告させる前に
客を普通に扱うことを考えよう

しかも、良いサービスを報告させたければ
せめて、支配人あてのフォーマットを刷ったレターを用意しないと

目黒のご本家に一度泊まりたかったのに、かなりの期待外れ
デザインの評判にひかれ、多くの人が泊まって後悔すると思うので
名前は出さないけど、写真は出す
このホテルに、お金を出す価値はありません

だって、デザインを売り物にしてて、この垂れ幕

ステンレス多用の洗面所はほこりが目立ち
デジタルな時計は遅れていて
テレビはチェックアウト時刻ぴったりに電源が切れた
メゾネットとはいえ、下階はドアと、らせん階段だけ
らせん階段は、自分の体重を差し引いても、必要以上に揺れます

その程度なら、おしゃれなビジネスホテルに専念しろ!
posted by けふ at 00:59| 福岡 ☁| Comment(0) | 壱泊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。